家族信託の仕組み

家族信託の仕組み写真

家族信託を締結する際の基本的な構成は以下ようになります。

 

登場人物は3人。財産を持っている人【委託者】が、管理してほしい財産【信託財産】を、信頼する人【受託者】に託す、その財産から得られる収益を得る人【受益者】が受け取る三者構造で成り立っています。

※通常、委託者と受益者は同一人物になりますので、契約は二者間で行います。

 

⓵まずは親子間で、親の持っている現金や不動産の管理運用(賃貸管理や売却など)を任せる信託契約を締結し、子供に財産を預けます。

⓶契約内容に基づいて、子供が現金や不動産の管理運用をおこない、そこから得られた賃料収入や売却益を預けた親が受領する

⓷相続が発生した場合、あらかじめ契約書で指定していた人が信託財産を相続する。

 

このように家族信託を締結することで、資産を持った親が認知症になって意思判断能力がなくなった場合でも、資産は子供に預けているので、引き続き子供の判断で自宅を売却したり、相続税や分割対策のために不動産を組み換えたりすることが出来るようになります。

このことを考えると、成年後見制度と比較して家族信託の方がより柔軟な相続対策をすることができ、家族の財産管理に対する想いを反映しやすくなります。

家族信託、遺産相続なら「遺産相続コンシェルジュ」にお気軽にご相談ください。

お問い合わせ先 受付時間 10:00〜18:00(土日祝除く)
Pocket