家族信託の歴史

家族信託の歴史写真

信託の起源は中世ヨーロッパの十字軍にまでさかのぼります。

十字軍の兵士は他国へ出兵する際、自分の身にもしものことがあっても、残された家族が安心して生活できるように、自分の持っている財産(お金や家、農地等)を信頼できる友人に託したことが信託の始まりだと言われています。もしものときは、その財産から得られた収入や収穫物を家族に渡してもらうことで安心して戦場に向かうことができました。

 

その当時は、現在のような信託法などの法律があったわけでもないので、託す人と託される人の信頼関係によって成り立っていたものでしょう。

今でこそ、きちんとした法律の整備がされていますが、信託の大きな原型は今と大きく変わっていません。大切なものは、託す人が託されることを信頼できるか。託された人は良心をもってその資産を管理することが出来るかどうかに掛かっています。

家族信託を締結する際にも、まずは親が子供を信頼して託すことが出来るかが検討する際の大きな基準になります。

家族信託、遺産相続なら「遺産相続コンシェルジュ」にお気軽にご相談ください。

お問い合わせ先 受付時間 10:00〜18:00(土日祝除く)
Pocket