家族信託の流れ

家族信託の流れ写真

家族信託の検討する場合、どのように進めたらいいのでしょうか。

締結するまでの一般的な流れを以下に示します。

信託契約の流れ

①お客様との個別相談

⇒お客様のご要望や悩みを伺い、どんな問題があるのか?家族信託を使って解決出来るのか?お伺いします。

 

②お見積りの提出

⇒お客様のご要望を叶えるために掛かる費用や締結までのスケジュールをご案内します

 

③家族信託の設計

⇒お客様の問題や想いに沿って、どのような信託内容にするかご提案します

 

④ご家族への説明

⇒契約の当事者(委託者兼受益者と受託者)だけでなく、ご相続人等の関係者に対して家族信託のご説明をし、ご理解頂いたうえで進めます

 

⑤信託契約書の作成

⇒ご家族で決定した内容に基づいて、信託契約書を作成します。実際に契約書を作成するのは司法書士の仕事になります。

※弊社では家族信託の実績が多い司法書士のご紹介が可能です。

 

⑥公正証書の作成

⇒作成した信託契約書を公証役場で公正証書にしていきます。

※公正証書にすることで、後々のトラブル防止に繋がります

 

⑦不動産の信託登記

⇒信託財産の中に不動産がある場合、信託した内容を登記簿に記載するために信託登記を行います

 

一般的に相談~登記完了まで、一般的には3か月~半年くらい掛かることを想定していま

す。そのため、認知症対策のために今すぐ締結したいと思っても、どうしてもタイムラグが生じてしまいます。

家族信託は契約行為になりますので、資産を託す人が認知症等で判断能力がない場合は契約締結することが出来ません。少しでも興味のある方は、なるべく元気なうちに検討・相談することをオススメします。

家族信託、遺産相続なら「遺産相続コンシェルジュ」にお気軽にご相談ください。

お問い合わせ先 受付時間 10:00〜18:00(土日祝除く)
Pocket