家族信託の費用

家族信託の費用写真

家族信託を締結するには、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。

もちろん、締結までには専門家が介在することになりますので、ただでは締結することは出来ません。

 

家族信託を締結するための費用として、⓵大きく信託契約締結までに掛かる費用と⓶不動産の信託登記に掛かる費用に分かれます

一般的に掛かる費用と概算額を以下に示します。

 

例) 信託する財産額が1億円の不動産だった場合の費用イメージ

 

信託契約締結までに掛かる費用

・家族信託設計コンサルティング費用

⇒どのような信託契約の内容にするか関係者へのヒアリング、内容の決定

・家族信託契約書作成費用

⇒家族で合意した内容を基に、家族信託契約書の文案を作成

・公証役場手数料

⇒作成した契約書を公正証書にする費用や公証人の立ち合い費用等

 

信託契約締結までに掛かる費用=信託財産の約1.3%程(約130万円)

 

不動産の信託登記に掛かる費用

・司法書士に支払う登記報酬:1物件あたり10~15万円

・登録免許税:固定資産税評価額の0.4%ほど

※あくまでも概算で、土地建物の価格によって異なります

 

家族信託締結費用の総額⓵+②:信託財産の1.8%(約180万円)が目安になります。

 

あくまでも一例になりますが、思ったよりも高いなと感じる方もいらっしゃるかもしれません。実際に金額を聞いて、諦めてしまったお客様の多くいらっしゃいます。

では家族信託ではなく成年後見制度を活用するのか言うと、後見制度も後見人が弁護士等の専門家がなる場合、報酬が発生します。一般的には3~5万円/月と言われており、これが被後見人が亡くなるまで続くことになります。

制度としてはどちらも良いものではありますが、こうした費用面や資産管理の柔軟性などを考慮して、選択していく必要があります。

家族信託、遺産相続なら「遺産相続コンシェルジュ」にお気軽にご相談ください。

お問い合わせ先 受付時間 10:00〜18:00(土日祝除く)
Pocket