家族信託契約の必要書類

家族信託契約の必要書類写真

これから信託契約を締結する又は検討する方にとって、なにかと不安は多いものです。必要書類の準備もその一つでしょう。直前になり取得しようと思っても見つからなかったり、取得に時間が掛かって必要な時に間に合わないなどの事態になりかねません。

 

今後、信託契約を検討される方がスムーズに契約出来るよう、一般的な家族信託締結の際に必要な書類を以下にまとめました。

委託者(資産を預ける人)兼受託者(利益を得る人)と受託者(資産を預かる人)によって必要書類が異なってきます。

信託契約締結から信託登記までの必要書類

上記はあくまでも一般的な必要書類になりますので、登記簿の内容(例えば所有者の住所が異なる等)によっては、別途必要書類は発生する可能性がありますのご留意下さい。

 

特に権利証(登記識別情報)については、昔に取得されたものだと紛失されている方も多く、信託する不動産全ての者が必要になるため、早めの確認が必要となります。

もし紛失した場合でも信託契約の締結は可能ですが、司法書士による所有者の本人確認が必要となるため、別途費用や必要書類が発生してきてしまいます。

家族信託、遺産相続なら「遺産相続コンシェルジュ」にお気軽にご相談ください。

お問い合わせ先 受付時間 10:00〜18:00(土日祝除く)
Pocket